体得しておきたい面接マナー

身だしなみのマナー

 20代の転職面接の場合は特に、第一印象で好感をもってもらえたか否かで、面接官のその後の雰囲気や熱の入れ方が変わるものです。

 入室時に身だしなみが乱れていた時点で、何を言っても聞く耳を持ってもらえないので、前日にきちんとチェックしておくことが大事です。

 面接には、色味を抑えた、自分のサイズに合ったビジネススーツで臨みます。

 クリーニング仕立てが無理でも、きちんとアイロンをあて、しわや汚れ、ほつれがないことを確認しておきましょう。

 これは、Yシャツやブラウスも同様です。

 カバンは自立型で床置きできるものを選び、靴と一緒に磨いておきます。

 メガネや時計がカジュアルすぎても、相手の心証を悪くするので、面接にふさわしいものを選んでください。

 髪形は表情が隠れず、清潔感があるように整えること、爪の汚れがないかもチェックしてください。

立ち居振る舞いのマナー

 立ち居振る舞いのマナーは、新卒の就職活動と同じです。

 入室前には3回ノックすること、お辞儀は常に30度をキープすること、椅子の下座側に立つこと、椅子には浅く腰掛けること、面接官の目を見て話すこと、ドアの開閉で音をたてないことなど、基本を守れば十分です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る