在職中と退職後、どちらがいい?

在職中に転職活動を行うこと

 20代は転職市場でも応募できる求人が多いので余計に、転職活動を在職中に始めるべきか、退職してからにするか、悩む求職者が多いのではないでしょうか。

 在職中に転職活動を行うメリットとしては、応募書類にブランク期間がないこと、経済的にも精神的にも余裕を持って転職活動に励めること、日々の仕事の成果が付加価値アップにつながることがあげられます。

 一方で、転職活動にかける時間が限られること、即入社が条件の企業には応募しにくいことは、マイナスに作用する可能性があります。

退職後に転職活動を行うこと

 退職後に転職活動を行うなら、時間が十分にあるので、求人探しや企業研究、応募書類の作成だけでなく、スキルや資格の習得などに、十分に時間をかけることができます。

 ですが、自己都合での退職の場合、失業保険の給付までに待機期間が必要なため、3カ月は無収入で生活できる預貯金があることが前提になります。

 また、退職日から日数がたつにつれて、応募書類のブランク欄が長くなるため、その理由を説明できるようにしておく必要があります。

 自己管理ができて、短期集中で転職活動を行う自信がある20代には、おすすめな方法です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る