履歴書で見られるポイント

社会人基礎力を見られる

 応募者の個人情報を伝える履歴書は、ビジネス文書と同じで、書き方にルールとマナーがあります。

 そして20代であっても、転職者用履歴書を用意して、項目をすべて、正しい書き方で埋めなければなりません。

 この基本を理解して、きちんと作成できるかどうかで、社会人基礎力のレベルをチェックしているのです。

 誤字脱字や和暦と西暦の混同、入学・卒業、入社・退社の年月の不整合など、ケアレスミスで書類選考がパスできないケースが少なくありません。

 また、貼付されている写真に清潔感が感じられるかどうかも、大事なポイントなので、ちゃんと写真スタジオで撮影したものを貼りましょう。

入社の本気度を見られる

 20代を中途採用する場合、即戦力となるスキルと問うというよりは、自社への入社の意欲の高さと将来のポテンシャルを重視される傾向が強いものです。

 だからこそ、面接に進めためには、志望動機や自己PRの中で、「応募企業に入社したい」という意欲や、「入社後に何をしたいのか」という目標を、しかりアピールすることが大事です。

 製品やサービス、企業理念や事業ビジョンなど、あなたが応募企業に惹かれた理由も書き添えることで、本気度を伝えましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る