応募書類を送る時のマナー

封筒に関するマナー

 応募書類を封入して送る封筒は、ビジネス文書と同等の扱いをしなければなりません。

 原則として、応募書類を折らずに入れることのできる大判のもので、白色が基本です。

 宛名書きもビジネス文書と同様で、住所は都道府県名から書き、宛名の敬称も企業あるいは部署宛の場合は「御中」、担当者個人宛であれば「様」ときちんと使い分けます。

 住所と宛名のバランスを守り、封筒表面の左下に「応募書類在中」と朱書きします。

 糊付けの後は「〆」マークを入れ、郵便番号欄のうえに投函日を記入します。

 郵便料金不足にならないよう、窓口で出すように心がけましょう。

添え状と並べ方に関するマナー

 添え状は、ビジネス文書におけるカバーレターです。

 応募書類と高さを揃え、頭語から結語まで、ビジネス文書と同様のマナーを守って認めてください。

 その際、応募を知った経緯や簡単な自己PRを添えるのがポイントです。

 封筒に封入する際には、添え状、履歴書、職務経歴書の順番に並べ、透明なクリアファイルに入れたうえで、封筒の表面に添え状の文字が見えるように入れ、糊付けしてください。

 書類の管理がしやすく、汚れにくいので安心です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る