転職計画をどうたてるのか

2015.06.05

4件

短期か長期かを検討する

 20代の転職の場合、キャリアアップかキャリアチェンジかで、活動の計画に違いが発生する可能性があります。

 キャリアアップ転職の場合は、いままでの実績と持っているスキルで勝負できるので、求人探しをスタートしてから内定を得る日までを、1~3カ月という短期に設定して計画をたてるのが目安になるでしょう。

 ですが、キャリアチェンジの場合は、いきなり求人を探すのではなく、業務に関連するスキルや資格を習得するなど、アピールできる要素の準備期間も含めて長期的な計画をたてる方が、希望の転職が叶いやすいケースもあります。

 自分の転職計画をどう組み立てるのか、まずしっかり考えてみましょう。

内定日から逆算して計画する

 転職活動の流れは、大まかにいうと次のようになります。

 キャリアの棚卸しと自己分析、キャリアビジョンの再構築、求人探し、企業研究、応募書類の作成、応募、書類選考、面接、内定という、プロセスを経ることになります。

 計画をたてる際には、内定日から逆算して、自分が各プロセスにどの程度時間を必要とするのかを計算し、スケジュールに落とし込んでいきます。

 自分の書類選考通過率や面接後の内定率も、考慮しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る