途中入社だから気をつけたいこと

20代は新入社員と同じ

 20代の中途採用者は、すでにいる社員にとっては、新入社員と大差ない存在です。

 社会人基礎力がある程度身についていたとしても、即戦力としてすぐに成果をあげるためには、スキルもノウハウも経験も足りないのが現実です。

 自分のキャリアを考えるなら、教えられることが許される20代のうちに、いかに上司や先輩に可愛がってもらい、有益なノウハウを得るかは、大きなポイントになります。

 教えられることは素直に聞き、聞いたことは実践し、何事にも前向きに取り組む姿勢を見せることが、20代の中途採用者には大事だと、認識しておきましょう。 

社内で良好な人間関係を築くために

 20代の場合、気さくに声をかけてくれたひとと、気が付くと行動を共にしていることが多いというパターンが主流です。

 ですが、気にかけてくれる社員が、仕事上必ずしもプラスになる存在とは限りません。

 よく話をするひとの言うことを鵜呑みにすることで、ほかの社員を遠ざける結果になれば、それはあなたのキャリア形成の妨げになるかもしれないのです。

 入社後3カ月は社内の観察者に徹し、可能な限りいろいろな社員と話をして、自分を成長させてくれるひとは誰なのかを、見極めましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る