面接でよく聞かれる質問について

一般的に聞かれる質問

 転職の面接では、採用にあたって必要な項目を確認するために、必ず行われる質問がいくつかあります。

 例をあげてみると、「自己紹介」「これまでの職務経験」「志望動機」「長所・短所」などです。

 こうした一般的に聞かれる質問には、職歴の説明を除き、1~2分で回答できるように、準備しておきましょう。

 また、面接終盤には「逆質問」と言って、企業に対しての質問を促されます。

 自己アピールにも、入社にあたっての確認事項を聞くことにも活用できるので、これも複数準備しておくことをおすすめします。

20代が答えを用意しておきたい質問

 20代の転職で、しかも前職の在籍期間が短い場合、「転職の理由は?」とか、「前の会社の退職理由を教えてください」と、質問されることがあります。

 これは、退職の理由を聞くことで、自社に入社させて定着するかどうかを、見極めるための質問です。

 ここで、前職に対する不満が理由であることをストレートに伝えると、自社も同じように退職する可能性があると判断され、不採用になる確率があがります。

 転職の目的は自分のキャリアを考えてのことだと強調でき、応募企業でぜひ取り組んでみたいことを具体的に考えておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る