面接対策で何をすべきか

2015.06.05

1件

事前準備をしっかりしておく

 面接の成否は、事前準備をきちんと行ったかどうかにかかっています。

 面接の前日までに、面接会場の位置、交通手段と所要時間、持参すべきものは何かを確認し、予定より早めに行動できるように準備しておいてください。

 また、面接に着ていく服装のチェックも、前日に行っておきます。

 スーツやYシャツ、ブラウスに汚れやしわ、ほつれがないか、カバンや靴がきちんと磨かれているかどうか、爪は清潔に整えてあるかなどが基本です。

 20代の面接は、清潔感と素直さがポイントなので、ここで知ってしないための準備を、きちんと行っておきましょう。

想定質問の答えを用意しておく

 面接前日には、応募書類の控えだけでなく、企業研究した際のメモや、応募企業のホームページをチェックしておくのが基本です。

 そのうえで、面接で聞かれるであろう質問に対し、自分なりの回答を用意しておきましょう。

 その際、自分の経験に裏打ちされた、具体的なエピソードを盛り込めると、より説得力が増します。

 特に「志望動機」と「自己PR」で、応募書類には書けなかったエピソードを盛り込むように準備しておきましょう。

 マニュアル通りの対応では、ライバルに差はつかないのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る