20代の転職希望者が転職を実現させるまでにかかる期間

2か月で半分の人が転職を実現?

 現在の転職市場においては、20代の半分程度の人が、活動を始めてから2か月以内に転職を実現させているようです。転職市場が盛り上がっていること、それにつられるように転職系のサービスが増え、充実してきていることもその背景にはあるのかもしれません。いずれにしても、2か月半以内に転職が実現するのであれば、きっと頑張ろうという気持ちも持続できるのではないでしょうか。

 ちなみに、自力で全ての作業を行おうと思うと、なかなかこのくらいの活動期間では転職できないようです。やはり転職系サービスの力を借りないと難しいでしょう。

最も多いのは1か月以上3か月以下での転職

 実際に、20代の転職希望者が転職を実現させるまでにかかる期間で最も多いのは、1か月以上3か月以下。つまり、2か月以内で半分以上の人が転職を実現しているものの、1か月以内にそうなる人はあまり多くないということ。堅実な転職活動計画を立てるのであれば、2か月から3か月あたりになるのかもしれません。

 それでも、他の年代に比べるとやはり20代は活動期間が短い傾向あり。多くの企業が若い人を積極的に採用しているのでしょうし、体力や気力もある分、きっと活動にも全力を注いだ状態を長く維持することができるのでしょう。

6か月以上かかる人も意外にいます

 ただ、全ての人が3か月以内に転職できるわけではありません。6か月以上費やしてもまだ転職を実現できない20代も少数ですがいるのです。その割合は1割にも満たないと言われていますが、あなたがその中に入ってしまう可能性は否定できないでしょう。

 転職活動にかかる期間が長くなってしまう人がいるのは、これも20代という年代が関係していると思われます。つまり、経験不足がネックとなっているのです。若さだけに任せた力づくの転職活動を展開すると失敗してしまうかもしれません。冷静に自分を見極め、市場を分析し、企業のことを把

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る