20代転職の一連の流れ

 以下は、転職の流れと取り組み方について触れています。「どうして上手くいかないんだろう?」と、転職の深い闇に引きずり込まれる前に確認しておきましょう。どの程度早い段階でこれらを認識しているか、それが転職の成否にも影響を与えるはずです。

客観的に捉えて準備

 転職に必要となるのは、客観性です。20代のような若い人はこれに欠けているため、転職が上手くいかないことが多い。自己分析も業界研究も、全ては客観的に見なければそれぞれの核の部分は見えてこず、転職活動を行う上での軸となるものも確立できません。ひとつの準備としてこのことを意識してみましょう。

求人情報を取得

 数打ちゃ当たるの考え方では、なかなか難しいでしょう。意味のある求人情報を獲得しなければなりません。そのためには、求人内容が濃いことが求められます。数々の求人情報媒体がありますが、そうした観点からまずは媒体を選んでいけば、求人情報の獲得にも勢いが出てくるでしょう。

書類審査対策

 履歴書と職務経歴書の作成で悩む20代は多い。自信がないのか、知識がないのか。「できること」や「意気込み」を自信に変えてください。応募書類の書き方を学んで知識としてください。最終的にそれらを上手く融合させられれば、履歴書と職務経歴書は内容の濃いものに仕上がります。

面接対策

 面接官の質問に答える時には、それがどんな質問でも発想の転換が求められます。20代と言えども社会人経験者なわけですから、学生が答えるようなありきたりな言葉は発さないよう、常日頃から発想に捻りを加えるような練習をしておきましょう。逆に、20代で上手くそれができれば、地頭が良いと思われ、結果にも繋がってくるはずです。

退社と入社の準備

 短い時間では全てを丸く収められないほど、退職にはさまざまな作業が伴います。確実に終えられるだけの時間を確保し、周りの人たちの理解も得、最終的には前向きに会社を後にできる状態にしておきましょう。それがいわゆる、円満退職となります。

ページ上部へ戻る